ペットシッターに関する情報まとめ

ペットシッターに関する情報まとめ

このページではペットシッターに関する情報をまとめています。ペットシッターのなり方、よくあるトラブルと対処法、必要な資格の有無、ペットシッターのやりがいなど、きっと参考になると思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

どうやってはじめればいいの?

ペットシッターになるには、大きく分けて

  • バイト(社員)で働く
  • 独立開業する

の2パターンの働き方があります。独立開業する、というとものすごくハードルが高く感じますが、ペットシッターは自宅で開業できるため、他の業種のように店舗の初期費用や家賃がかからず超低コストで開業できます。

ただ、独立開業は全てひとりでやらなければいけないため、「本当にこれでいいのか」という不安が常に付きまといます。そこで当サイトでは、過去に何らかのビジネスを立ち上げた(軌道に乗せた)経験がないような方は、フランチャイズでの開業をオススメしています。

ペットシッター事業で成功している会社の、一流の経営・運営ノウハウを使って仕事ができるので、最短距離での成功を目指せます。

ペットシッターになるには

どんなトラブルがあるの?

ペットシッターは、言葉が通じない動物の世話をする仕事です。そのため、予期せぬトラブルが起こる可能性は常に付きまとっています。

たとえば、ペットを怪我させてしまったり、散歩中に人を傷つけてしまったり、元気すぎるあまり家具にぶつかって傷つけてしまったり、挙げだしたらキリがありません。
場合によっては、あなたが何年もかけて返済をしなければいけない事態も起こる可能性も十分に考えられます。

そんな不安と隣り合わせのペットシッターが安心して働けるような保険があります。それがペットシッターの「賠償責任保険」。上記のような万が一のトラブルが起きてもしっかり補償してくれるので安心して業務に集中できます。

万が一の際も安心なペットシッターの「賠償責任保険」とは

資格はなきゃダメ?

ペットシッターは国家資格ではないので、医者や弁護士のように「なければ働けない資格」はありません。とはいえ、ペットの気持ちや生態を正しく理解するためにも、なにかしらの資格はあった方が良いでしょう。

ただし、独立開業する際には自治体に動物取扱業の登録を申請する必要があります。その際に動物取扱責任者が必要になりますが、この動物取扱責任者になるための条件の一つとして、ペットに関する指定の資格が必要になることがあります。
なくても動物取扱責任者になる方法を以下で説明しているので、参考にしてみてください。

ペットシッターには資格・学歴・経験が必要?

ペットシッターのやりがいや楽しいこと

ペットシッターはペットに関する仕事の中で、動物に触れ合う時間がかなり多い仕事といえるでしょう。そのためやりがいや楽しみが多く、生涯の仕事として活躍されている方も多くいます。

たとえば、最初の顔合わせの時点では警戒心でびくびくしていたペットが、通ううちに心を開いてくれたときはやりがいを実感できるでしょう。
またペットの世話ができずに困っている飼い主のお手伝いができるので、「人のための仕事」であることを強く実感できる機会も多くなります。そんなときはやりがいを感じれるでしょう。 もちろん楽しいことばかりではありませんが、小さなことからもやりがいや楽しさを探すことがペットシッターとして長く働くためのコツのひとつといえるでしょう。

ペットシッターのやりがい・楽しいこと