ペットシッターになるには「3つの働き方」がある

ペットシッターになるには「3つの働き方」がある

ペットシッターになるには「3つの働き方」がある

ペットシッターになるには、大きく分けて、バイトとして働く・独立開業する・フランチャイズに加盟する、という3つの働き方があります。ここではそれぞれの働き方に関して、メリットやデメリットを説明します。

バイトとして働く

メリット

バイトで働くメリットとしては、まず始めやすさが挙げられます。面接時に本気度さえ伝われば、未経験・無資格でも雇ってくれるところも少なくはありません。その際はお金をもらいながら世話やケア方法を学ぶことができるので、段階を踏める環境にあるならバイトから始めても良いでしょう。

デメリット

圧倒的に給料が安い」という点が挙げられます。ほとんどが最低時給にちょっと色がついた程度で、しかも依頼が少なければ8時間働くこともできないでしょう。
またお店によってはバイトといいつつも時給制ではなく、件数あたりで給料が支払われる「業務委託」的なところもあります。その際には移動時間や報告書作成時間が含まれていないので、時給換算すると最低自給を下回る可能性も考えられます。

生活のためではなく、経験を積む目的がある人じゃないと続けるのは難しいでしょう。

独立開業する

メリット

独立開業というとものすごくハードルが高く感じますが、ペットシッターの独立開業に関しては金銭的ハードルはかなり低くなっています。

店舗を持たずに自宅で開業できるため初期費用を10万円前後に抑えることも不可能ではありません。また仕事をしたぶんだけ収入も増えるため、軌道に乗せることができればやりがいを感じやすい点も魅力です。

デメリット

メリットでサラッと書いた、「軌道に乗せることができれば~」という点がかなりのネックになります。経営ノウハウがない素人が軌道に乗せることはよほどのセンスがなければ難しいでしょう。
また初期費用を安く抑えられるため諦めもつきやすく、あと一歩の粘りが持てずに辞めていくオーナーが数多くいます。

また、個人のペットシッターで加入できる「賠償責任保険」は、わたしが見た限りでは見つけられませんでした。万が一あったとしても、かなりイレギュラーな保険なので保険料が高額になりやすいため、経営において大きな負担になるかもしれません。

フランチャイズで開業する

メリット

加盟金やロイヤリティを払うことで、すでにペットシッターで成功している大手の経営・運営ノウハウを使うことができ、効率よくペットシッター事業を軌道に乗せることができます。
全くの素人でも一流のオーナーになれるようサポートをしてくれるうえにほとんどのところでは賠償責任保険に加入できるため、上記で説明している「独立開業のデメリット」を全て解決してくれます

デメリット

初期費用として、フランチャイズ加盟費が負担になることが挙げられます。
会社によって大きく異なり、当サイトで紹介している会社でも加盟費が10万円台から270万円(!)というところもあるため、その金額に見合ったサービスをしてくれるのか、を見極める必要があります。

最も重要なのはその会社の理念に共感できるかですが、フランチャイズの会社を選ぶ際は

  • 会社の歴史や実績があるか
  • フランチャイズ加盟店の数
  • 保険やサポートの充実度
  • ランニングコスト(毎月支払う金額)

といった点にも目を向けつつ慎重に選ぶようにしましょう。

check!! 当サイトで紹介している「日本ペットシッターサービス」は上記を全て高いレベルでクリアしています。フランチャイズを検討するなら、まず最初に資料請求をしたい会社ですよ。オススメです。