ペットシッターになるには?学歴・資格・経験は必要?

ペットシッターには資格・学歴・経験が必要?

飼い主の代わりに世話や散歩をするペットシッター。一見誰でもできそうに感じてしまいますが、資格や学歴、経験等は必要なのか疑問に思う方もいると思います。ここではペットシッターになるために必要な情報をまとめています。

結論から言えば、ペットシッターになるには、動物を思いやれる心さえあれば資格や学歴、経験は必要ありません

ただ雇う側からすれば学歴はまだしも資格や経験の有無は判断材料として見られます。また、ペットを飼った経験すらないと利用者も気付きます。大事なペットを預けるなら、経験もない人には預けたくないですよね。

そのため、完全未経験の方は、社員として働くまえにバイトで経験をつんだり、実際に自分でも飼ってみることが大事です。(もちろん飼うと決めたら最後まで責任を持たなきゃダメですよ!)

社員やバイトのペットシッターとして働く際に歓迎される資格

社員やバイトで働く際には資格がいらないところもありますが、好条件で働くには資格を持っていた方が間違いないでしょう。

一例として、

  • 認定ペットシッター
  • ペットシッター士
  • 愛玩動物飼養管理士(1級・2級)
  • GCT(Good Citizen Test)
  • JAHA 認定家庭犬しつけインストラクター

などが挙げられます。これらはだいたい費用として数万円~20万円ほど、時間は数ヶ月かかることもあるので、やりたい仕事に必要な(あると役に立つ)資格を見極める必要があります。

独立開業・フランチャイズに必要な「動物取扱業」の登録

もし独立開業やフランチャイズでペットシッター業をはじめるなら、「動物取扱業」の登録が必要になります。
その際には、申請手数料として15,000円、登録前の研修に3,000円前後の手数料がかかります。また1年に1回は必ず研修を受ける必要があり、その際にも手数料が必要になります。

この動物取扱業の登録をするには動物取扱責任者の選任が必要ですが、動物取扱責任者は下記のうちいずれかに該当する必要があります。

  1. 営もうとする種別に係る半年以上の実務経験がある。
  2. 営もうとする種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する教育機関を卒業している。
  3. 営もうとする種別に係る知識及び技術を習得していることの証明(資格等)を得ている。

どれかひとつでもいいので、どこかで半年バイトすれば動物取扱業の登録はできます。
ただし、資格は利用者が選ぶ際のひとつの目安にもなります。ペットシッター業について、もれなく学ぶためにも2か3の条件はクリアしておきたいですね。

具体的に2は、高校や大学など畜産学を専攻する学科を1年以上履修していること、3は上記「社員やバイトのペットシッターとして働く際に歓迎される資格」で紹介しているような資格を指します。2017年10月現在では、27種類の資格が3を満たす資格として認められています。※ちなみに、ペットシッターの業種は「保管」ですが、ペットショップのような「販売」やトレーナーのような「訓練」のサービスを追加したり業種変更する場合には追加で申請が必要になります。