ペットにかかわる仕事はどんな種類があるの?

ペットにかかわる仕事はどんな種類があるの?

動物が好き!という方の中には、ペットにかかわる仕事したいという人も多いと思います。でもどんな仕事があって、どうやってなるか知っていますか?ここでは特に人気の高いペットシッター・ペットショップ・トリマー・動物看護師をはじめ、あまり聞いたことがない珍しいお仕事まで、ご紹介いたします。

ペットシッター

ペットシッター

近年かなりのペースで需要が高まりつつあるペットシッター。旅行や出張などで一定期間世話をできない会社員、また足腰が弱って散歩に行けないという高齢者の方に喜ばれているサービスです。
具体的な仕事としては、ごはんをあげたり、トイレの片付け。そのほか飼い主の希望によっては遊んであげたり散歩などにも対応します。簡単に見えて大変だけど、他の仕事と比べても動物と触れ合う時間が圧倒的に長く、動物好きに一番オススメできる仕事といえます。

バイトや社員として働くほかに、自宅で開業できるためフランチャイズやペットシッターと利用者をつなぐマッチングサイトなども最近話題になっていて、ますますペットシッターの需要が高まってきている感じがします。

ペットシッターの仕事内容や必要な資格、給料について

ペットショップ

ペットショップ

ペットを飼う、となったら多くの方が訪れるペットショップ。主に生まれたての子犬や子猫を取り扱うため、ミーミー鳴く姿に癒されること間違いなしです。ただし、法改正によって不法な処分が禁止されているとはいえ、「売れ残り」のペットについて考えると本当の動物好きは心が痛むこともあるかもしれません。
基本的にはバイトから始まって社員になることが多く、給料は低い傾向にあります。しっかり稼ぐには独立開業する方法もありますが、店舗家賃やペットの仕入れなどに高額な初期費用がかかるため、覚悟と資金計画が必要になります。

ペットショップの仕事内容や必要な資格、給料について

トリマー

トリマー

いわば「ペットの美容師」ともいえるトリマーも高い人気を誇る仕事のひとつです。意外にも"なければ働けない"といった資格はなく、無資格・未経験でもバイトから経験をつむことができるお店もあるため、ペットの仕事で手に職をつけたいなら選択肢のひとつとして挙げられるでしょう。

ただし、職にあぶれることはないにしてもトリミングサロンが乱立する現状では雇われトリマーとして高い給料を稼ぐことはあまり期待できないかもしれません。

トリマーの仕事内容や必要な資格、給料について

動物看護師

動物看護師

この中で一番理想と現実のギャップがある職業ではないでしょうか。夢を見て動物看護師になっていざ動物病院で働き始めると、理不尽なお客様や陰湿な人間関係、あやふやな給料などに悩んでやめる方が多くいます。そういった方は口をそろえて「ただ動物が好きなだけじゃダメ」といいます。

働く場所にもよりますが、動物看護師の資格を活かせるペット関連の別の仕事も視野に入れておいたほうが良いかもしれません。

動物看護師の仕事内容や必要な資格、給料について

ペットホテル

ペットホテル

飼い主が旅行などで長期間家を空ける際、ペットを預かるためのホテルにおいて、ペットたちに食事を摂らせたり、散歩をさせたり、室内の空調を整え、お風呂に入れるなど、さまざまな身の回りのお世話をするお仕事です。

ビジネスとして世話を引き受けているとは言え、その中でも飼い主に代わりできる限りの愛情を注いで、ペットたちと心を通わせて過ごすことができる点がこのお仕事のやりがいであり、醍醐味でもあります。

最近では、ただ預かるだけでなく、ホテル内で遊ぶ様子を写真付きで飼い主に報告してくれるペットホテルや、老犬の病気の治療や老化に伴う介護など、人による手助けが必要な老犬を対象とした介護サービス付きのホテルなど、さまざまなサービスを提供しているペットホテルが増えています。

短い時間の中でもペットたちが信頼を寄せてくれたときや甘えてきてくれたときなどにはとても嬉しい気持ちになり、幸せを感じられるお仕事と言えますが、大型連休やお盆休みなど、ペットを預ける人が増える行楽シーズンには、どうしても休暇が取りにくいことを覚悟しておかなければなりません。

ペット用商品メーカー

ペット用商品メーカー

大切なペットが食べるフードやおやつ、遊ぶおもちゃの商品企画・開発などに関われるお仕事です。ペット用品における消費者のニーズは多様で、芸能人などによる世の中のトレンド・ブームに影響されやすいため変化も激しく、その時々で売れる商品を作り続けていく姿勢も必要になってきます。

ペット用商品メーカーでは、多様な職種の社員がそれぞれ役割分担をしながら連携・協力して働いているため、配属先によっては、単純に動物が好きでペットに関わるお仕事がしたいという気持ちだけでなく、マーケティングや営業についての知識やスキルも求められるでしょう。

近年、ペット用商品は高級志向のものや海外セレブ愛用ブランドなども存在するため、人気メーカーでは高収入が狙えるのも魅力のひとつと言えます。

ブリーダー

ブリーダー

ブリーダーはペットの繁殖・流通などに関われるお仕事です。ペットショップの血統書付きの子犬たちは、ほとんどがブリーダーの手によって誕生しています。生まれてくる赤ちゃんの遺伝的な疾患を防ぐため、親犬にとって最適なパートナーを見極めたり、妊娠・出産に関わる細やかなサポートや、産後の親子にとってもっともリラックスできる環境づくりなど、動物の健康管理や飼育に関する深い専門知識が必要になります。

繁殖を手がけるブリーダーは、動物と一緒に多くの時間を過ごすことができる様々な職業の中でも、新しい命の誕生を間近で見られるという、とてもやりがいのあるお仕事だと思います。手をかけてお世話をしてきた動物が母となり、無事に赤ちゃんを出産した瞬間は、何度立ち会っても感動する場面でしょう。また、まだ目も開いていない赤ちゃんたちが日々成長していく姿を間近で見られることもブリーダーの醍醐味です。

こうした喜びを感じながらトップブリーダーとして活躍する人が数多く存在する一方で、知識を持たないまま無理な掛け合わせによる交配を繰り返したり、ペットに対してずさんな扱いをするブリーダーの存在が問題となっている昨今、命を扱う責任の重さを理解したブリーダーの存在価値はいまとても高まっていると言えます。

ドッグトレーナー

ドッグトレーナー

ペットとして飼われている犬を預かり、無駄吠えをなくしたり、人間への噛みつきを防いだり、トイレや散歩のルールを理解させるなど、犬が人間と一緒に楽しく暮らしていけるよう、日常生活のさまざまなマナーを指導するお仕事で、犬だけでなく飼い主へもしつけ方のアドバイスなどを行ったりします。

警察犬や災害救助犬、盲導犬、麻薬探知犬などの「使役犬」といわれる犬に対して訓練を行う「訓練士」とは異なり、ペットとして家庭で飼われる犬のしつけを行うドッグトレーナーには、国家資格のように仕事をするうえで絶対に必要とされる資格は存在しませんが、日本ドッグトレーナー協会認定の「ドッグトレーナーズライセンス」という民間資格があります。

特徴の異なる犬と接するのは難しく、始めはなかなか言うことを聞いてくれないことも多いですが、諦めずに続けるうち、徐々に信頼関係が築かれ、犬と心が通じ合ったと感じた瞬間は、大変やりがいを感じられるお仕事だと思います。

ペットモデルのマネージャー

ペットモデルのマネージャー

テレビ番組やドラマ、CMなどに出演するペットモデルを専門としたプロダクションにおいて、モデルとなるペットたちをマネージメントするお仕事です。ペットモデルオーディションのセッティングや審査・登録、撮影時のペットのスタイリスト業務・演技指導などに加え、取引先であるテレビ局や制作会社、撮影スタジオ、広告代理店との打ち合わせや、ペットモデルの特徴やプロフィールをまとめた資料作成など、幅広い業務に携わることができます。

多くのペットモデル専属プロダクションにおいて、登録モデルは全国に何百と存在し、一人のマネージャーが複数のペットモデルを担当することも多く、多忙になりがちです。限られた時間の中で言葉が通じないペットモデルたちにおもうような演出をしてもらうのは決して簡単ではありませんし、打ち合わせや収録が長引いて残業が発生する、休日がロケの天候やペットたちのご機嫌によって左右されるといったことは日常茶飯事です。

大変なお仕事ですが、チーム一丸となってひとつの作品ができあがった喜びは言葉では言い表せないものでしょう。