動物看護師の仕事内容や必要な資格、給料についてまとめました

動物看護師の仕事内容や必要な資格、給料についてまとめました

動物看護師

動物看護師というと、かわいいペットに囲まれて楽しく仕事ができる、といったふんわりイメージを持つ方も少なくありません。まず、その幻想は捨てたほうが良いでしょう。ここでは動物看護師の仕事内容や必要な資格、給料についてまとめています。

仕事内容

動物看護師が働く場所は、多くの場合動物病院になるでしょう。

雑用

動物看護師になれたとしても、最初はまず雑用からはじめることになるでしょう。雑用という誰にでもできる、でも非常に重要な仕事をしながらその人の適性や能力を測ることができるからです。
「こんな仕事がやりたいわけじゃない」と思ってすぐにやめてしまう方も多くいます。ただし、間接的にそれらの仕事が動物たちのためになっている、と理解できれば、雑用でもやりがいは感じられるでしょう。

受付業務

急に動物病院に来る飼い主は、大事なペットに異常があって気持ちが不安定な状態なことが多いです。そのため、こちらがどんなに気持ちをこめて最善の対応をしてもボロクソに言われることも少なくありません。

もちろん感謝されることの方が多くやりがいのある仕事ではありますが、対人のストレス耐性がない人は難しいかもしれません。

治療補助

獣医が治療に専念できるようにサポートします。治療内容から必要な器具などを準備したり片付けをしてスムーズな治療ができるようにします。
また治療のために嫌がる動物を動かないように押さえつけることも多々ありますが、その際に抵抗されて怪我をすることも少なくありません。

薬剤に関すること

病院内に保管してある薬の管理や、製薬会社への各種薬剤の注文、獣医師が処方・調合した薬の確認などもまた、動物看護師の仕事になります。

たとえば動物病院で処方された薬を実際に自宅でペットに飲ませようとしたとき、うまくいかずに困ってしまう人も少なくありませんが、そういった飼い主に飲ませ方のレクチャーをしたり、錠剤や粉、シロップなど、それぞれの形状によって異なる飲ませ方のコツなどを説明することもあります。

必要な資格・給料

動物看護師は国家資格ではないので、「なければ働けない」という資格はありません。しかし、ペットの命を預かる大事な仕事なので、無資格・未経験OKという職場はまずないでしょう。(慢性的な人手不足のところでは、雑用としてバイト採用されることもあります)

具体的に求められる資格として、

  • AHT動物衛生看護師(日本動物衛生看護師協会)
  • アニマル・ヘルス・テクニシャン(JAHTA)
  • 動物看護士A~C級(JCSA)
  • 小動物看護士(日本ペット技能検定協会)
  • 認定動物看護師(一般財団法人動物看護師統一認定機構)

などが挙げられます。
どれも今は国家資格ではありませんが、徐々に「認定動物看護師」に試験が統一化されつつあり、将来的に国家資格になることも十分に考えられます。
資格は通信でも学べるものも多くありますが、実践力という意味ではやはり通学の方が強いでしょう。

また、動物看護師の給料は、努力が報われる金額ではないといえるでしょう。初任給15万円というところもザラにあります(手取りではありません。ここから税金や保険などが引かれます)。
生活に支障が出る可能性がある、として一人暮らしでは働けないという動物病院もあるそうです。多かれ少なかれ「動物を助けたい」という奉仕の精神がないと続けるのは難しそうです。

「動物看護師」の資格は別の仕事で輝くことも

動物看護師の資格をとって動物病院で働く、というのはある意味当然のコースです。そのため雇う側も「ダメなら代わりはいる」と扱いが雑になりやすい職場だといえるでしょう。

動物看護師の資格をとったなら、動物病院だけでなく別の業種も視野に入れると給料や働き方の選択肢がぐっと広がります。なぜなら他の業種で動物看護師の資格を持っている人は層多くないので重宝されるからです。

たとえば「ペットシッターの開業」はそのひとつでしょう。資格なし・自宅で開業できるため多くの方が始めますが、そんな中で動物看護師の資格があればまわりとの圧倒的な差別化が図れるため集客の際に力を発揮するでしょう。