ペットシッターの仕事内容や必要な資格、給料についてまとめました

ペットシッターの仕事内容や必要な資格、給料についてまとめました

ペットシッター

近年、その重要性に注目が集まるペットシッター。現在の認知度はそこまで高くありませんが、その分伸びしろが多く、今後の需要が増え続けることが予想されます。ここではペットシッターの仕事内容や必要な資格、給料についてまとめました。

仕事内容

日常の世話・健康チェック

基本はごはんの用意やトイレ掃除、飼い主の希望によっては遊んであげたりブラッシングをしたりします。犬の場合には上記に加え散歩とその際のトイレの処理も必要になるでしょう。トイレの様子を見るのは気持ち良いものではありませんが、便の色や硬さは健康状態を把握する材料になるため、目をそらしてはいけません。

またどんなに可愛くても、警戒している子とはムリに仲良くなろうとせず、向こうから近づいたときだけ相手をしてあげるような接し方が必要になります。そういった意味では我慢も必要です。

トリミングや看病をすることも

ごはんの用意やトイレ掃除、お散歩、ブラッシングなどの他に、爪切りや歯磨き、グルーミング、簡単なトリミングやマッサージなども行うところもありますので、ペットシッターはペットに関する総合的な知識やスキルを身に付ける必要があります。

また、シッティング中にペットの具合が悪くなってしまった場合などには、かかりつけの動物病院に連れて行って薬をもらったり、その薬を飲ませて看病をしなければならないこともあるでしょう。

高齢ペットの介護

ペットも歳をとると、人と同じように食事やトイレなど生活に支障が出てくることがあります。そういったときに、ペットにストレスにならないようにサポートをしてあげる必要があります。
また、飼い主が把握している症状に関してはもちろん気をつけて対応してあげる必要がありますが、飼い主でも症状を見逃していることもあります。そういったときにも適切に対処できる技術や知識が求められます。

また、高齢ペットに限りませんが、事前の打ち合わせ(顔合わせ)では、急に容態が悪化したり挙動がおかしくなった場合の対策方法についてもしっかり話をしておきましょう。

報告書の作成

また、世話や介護をして終了、というわけではありません。
飼い主の不在中にどういう世話をしたのか、変わった挙動がないか、などを報告書にまとめる必要があります。たとえば、食欲旺盛な子がご飯を残したり、妙にかゆがったり異常が認められた場合には報告書に記載して適切な対策方法を伝えます。
一見面倒な作業に感じますが、報告書を作成することで飼い主の安心にも繋がりますし、あなたにとっても、ペットの些細な変化や反応に気付ける目を養えるメリットがあります。

必要な資格・給料

バイトで働く場合

バイトでペットシッターとして働く際には、必要な資格はありません。ただし、「資格がなくても応募できる」というだけであって、やはりペット関連の資格があると採用されやすいでしょう。

給料はだいたいその地域の最低時給にちょっと色がついたぐらいのところがほとんどで、900円~1,100円程度でしょう。ただしお店の忙しさによっては希望の勤務時間・日数が確保できないこともあります。
仕事量が安定しないため、生活費のために稼ぐにはむかないでしょう。

独立(フランチャイズなど)して働く場合

独立してペットシッターを始める際には、自治体に「動物取扱業」の登録が必要になります。
この登録には動物取扱責任者を選任する必要がありますが、ひとりで始める際にはあなたが動物取扱責任者にならなくてはいけません。その際に3つの要件のいずれかを満たす必要がありますが、この要件を最短でクリアできるのは資格取得になります。

ペットシッター士の資格は最短6日で取得できるので(ペットシッター士・通学コースの場合)、時間とお金に余裕があれば資格取得を検討しても良いでしょう。 参考:独立開業・フランチャイズに必要な「動物取扱業」の登録

独立する際の給料は、ピンキリで、仕事量が増えただけ収入も増やせます。

1件3,000円で1日8件、月25日間働く場合 3,000円×8件×25日=600,000円。

バイトをひとり雇って人件費で月15万円かかっても45万円が収益になります。

ただし、完全に個人でここまで稼げるようになるまでに辞めてしまう方が多くいます。それは経営・運営ノウハウがないから。自信がない方はフランチャイズに加盟してノウハウを学ぶのもひとつの手段でしょう。